2000年3月 KONIサス

冬も終わりに近づき、いよいよバイクシーズン到来。
街にもバイクの姿がちらほら。
冬の間、仙台でマシンを走らせるのはホント一苦労だ。

当然、ジーパン、革ジャンなんかじゃ走れない。
オレは上半身が長袖Tシャツ、トレーナー、MA-1、フィールドコート。
下半身は情けない話だがスウェットとジーパン。
「えー股引はいてるの?」と言われそうだが、スノボやスキーに行くときだって、下にアンダーを履くだろう。
それに、ジーパンとチャップスだって2枚重ねには違いない。
そこんとこで差別しないように。

そろそろ春になるってんで、わがマシンにもそろそろガツンとカツを入れてやる。
といっても大袈裟なものではない。
タイヤの空気圧を確かめ、バッテリーを積み、たっぷりアイドリングしてやる。
隅々までオイルが回り、十分にあったまってきたら、出発進行。
その前に、オイル漏れやブレーキ類もチェック。

今回見つかったトラブルは、オイル漏れ。
ありがちな症状だが、人間の風邪と同じ万病のもと。
ガスケットの不具合だけならいいが、どこかに別の問題が隠れているかもしれない。
入念なチェックが必要だ。

今回の目玉はリアサスの交換。
交換といっても純正品は高そうなので(まだ生産してるのか?)、社外品のパーツを組むことに。
社外パーツを組むのはダイナコイル以来。

カスタムへの道を歩み始めるかというとそうでもない。
社外品のパーツを組むといってもオーリンズだのクァンタムだのホワイトパワーだの目ン玉が飛び出るくらい高価なヤツは手が出ない。
他のバイクから流用するのも安上がりだろうが、車種によって性格が違うので微調整が大変。

そこで登場したのがKONI。
コニサスさんである。
こいつのいいところは、価格の安さ。何と3万2000円。
一本じゃないぞ。二本で三万円強。
ただでさえ維持するのに金が出てゆく旧車ライダーには大変ありがたい存在だ。

メリットは価格だけではない。
これがクラシカルなデザインなので、装着後も目立たない。ちゃんと車体の雰囲気にマッチしてくれる。
ギンギンにいじり倒したマシンならまだしも、サスだけ高性能なものを着けてもしょうがない。

「しょうがない」という言い方が乱暴なら「サスの性能を出しきれない」とでも言おうか。
ノーマルエンジン、ノーマルブレーキ、ノーマルフレーム、ノーマルタイヤのバイクを支えきるなら、サスもノーマルで十分。
高性能のサスを入れて、しかも性能の限界を使い切りたいなら、他の部分も見直しが必要だ。

とはいえ、所詮バイクは趣味の道具。高価なパーツを組みたいなら、それもアリ。
本人が満足すれば、何をやっても許される(もちろん、安全性や他者への迷惑を踏まえたうえで、だ)。
高いパーツを組んでやれば、それなりに性能は向上する。ノーマルで物足りなさを感じていたライダーなら「いいじゃん」と感じるだろう。
後々、サスがヘタってきても、高価なヤツならオーバーホールが可能というのもメリットだ。

で、実際入れてみての感想。季節の関係で峠道は走っていないので何ともいえないが、挙動はスムースになった。
何せこの前まで着いていたサスは、20年ものの純正品。
ヘタリもガタも相当なもの。

今は一番軟らかくして乗っているが、普通に乗っている分には特に問題はない。
コーナーをあえて攻めてやると「もう一声」という気もするが、頼りなさを感じるわけでもないので、後は峠でどれくらい変化を感じるか。
春にならないと路面も凍っているし、危なくていかんね。

※ちなみに、KONIサスは現在製造しておりません。
IKONというブランドがスタイルを引き継いでおります。

【在庫あり】IKON アイコン リアサスペンション リアショック SP14シリーズ
価格:51840円(税込、送料無料) (2018/9/28時点)楽天で購入

IKON アイコン/リアショック SP14シリーズ
IKON アイコン/リアショック SP14シリーズ GPZ1100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です