Z1RにMOSFETレギュレーターを装着

2013年10月29日
台風やら仕事の忙しさやら、クライミングの試合やらで続きが出来ませんでした…
ので、その続き。
充電系統に不安を感じたのはテスターを当てた時。

「始動前」「始動からのアイドリング」「アイドリングからの4000回転」
いずれも13Vに届くかどうか。
とうとうレギュレーターがパンクしたようです…?

※2015年注釈
本来はレギュレーターのパンクを疑う前に、ステーターコイルの性能を調べる必要があります。当時は、そこまで考えず、単に別のレギュレーターを装着してみたくて、ウズウズしてただけ(笑)。
ステーターコイルからレギュレーターに繋がる3本線…仮にA、B、Cとすると、AB、AC、BCの抵抗値をチェック。
A、B、Cと本体が絶縁されているかどうか(装着状態ならボディーアースでもOK)をチェック。
先の組み合わせで、4000回転で50Vの交流電圧をそれぞれ計測できるかどうか。
これが、ちょっとでも怪しい時は、レギュレーターよりもステーターコイルを疑う。
よく、パンクする、といいますが、技術畑の方から言わせると、そうそうイカれるものではないとのこと。

というわけで…

ヤフオクでの壮絶な死闘を勝ち抜いて我が家にやってきた水冷Zのレギュレーター。

防水カプラーは通販で購入。実は黒とグレーは色が違うだけではなく、カプラーの凹凸も違うので要注意。
皆さんも御存じの通り、ゼファーのレギュレーターはステーターコイルからの3本線(黄色)、アース、ACC、バッテリーの6本ですが、水冷Zは3本と2本で分かれています。
ま、茶色を無視すればいいだけですけどね。
そこには、目隠し蓋をつけてやるとよいですけど、誰も見やしないので液体ガスケットで良かったんじゃないかと。

※2018年注釈
現在、通販でもMOFSETレギュレーターと銘打った商品を沢山見つけることが出来ます。サラっと見ただけで、フィッティングパーツ付きで3000円前後、という商品も売っています。ホンモノのパーツは、コネクター面の反対側に新電源のロゴと製造番号が印字されていますが、なんちゃって製品は、そこのロゴは映さないんですね(笑)。
見た目ではなく、ちゃんと機能していないパーツは「安物買いの銭失い」になる可能性が高いので、信頼のおける店もしくは商品を購入した方がいいでしょう。

いきなりフィッティングすると後悔しそうなので、まずはテスト。
当り前ですが、エンジンくらいはかかります…が、相変わらず13Vのまま。
レギュレーターを変えても改善しないとなると…

もしや、原因はステーターコイルですか??

ギボシを外してテスターを当てるも、針は動かず。
3本線同士でテスターを当てて、正常ならば若干の抵抗があるんだけど、ここでも針は動かず。
これは、かなりへこみます。
ステーターコイルは、我々素人にとって完全に「オーパーツ」ですからね。
巻き直しなんて出来るはずも無く。
バルコニーの下で野ざらし同然で眠っていた初号機のステーターコイルを取り出して計測してみると…出土品のくせに、ちゃんと機能しています(笑)。

こいつを流用しようとボルトを外そうとするも、予想通りの完全固着(笑)。
どうにも外れません(涙)。

しょうがないので、もう一度、ステーターコイルを調べる。
線を外して、テスターを当ててみたが、針は動かない。
諦めかけていたところ、一瞬だけ針が動いた。
どうやら、エナメル線の断面にピッタリとテスターの針を当てると通電するみたい。
先端を5mmほど磨き、結線すると規定通りの抵抗値が・・・!
おそらく、この時に失敗していたんでしょう。

今回は、一本ずつテスターを当てながら結線したので大丈夫…のハズ!
針も14V以上を差しました♪

ステーに取り付けようとしたら…
水冷Zのレギュレーター、微妙にピッチが違います・・・
どうせ、誰も見やしないし、めったに外さないので、タイラップで固定します(笑)。

紆余曲折ありましたが、結論から言うと、壊れたのではなく、魔改造のミスでした。
ハーネスを新品にして、レギュレーターを買って、一体、いくら無駄にしたんでしょうね(笑)。

おまけに、全部終わってから気づいたのですが、燃料計の針が天井を差してる…(涙)。
ガソリンは半分しか入ってないのにー(笑)!!

またカウルを外さねばならんようです…
トホホ。

おまけ

久しぶりの顔出し(笑)。
友達が撮ってくれたThe North Face Cup 2014の予選。
この後、左のホールドを取って、ベチョっと落ちます(笑)。

成績は・・・堂々の2位でした!!!
ビリからですけど(笑)。
実は、ここから右肩が半分壊れかけて、1年以上もクライミングから遠ざかることになるのです…
が、ジムには相変わらず顔を出すし、フリークライミングの指導員資格なるものを取らされることに(笑)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です