悩める秋田犬のドッグ・フード

実は2018年の2月から犬と暮らしています。
昔からイロイロな動物、しかもマイナーなヤツを飼っていたので、動物は好きな方かと。
でも、犬猫を飼おうという発想はありませんでした。
子供の頃、欲しい時期があったのですが、犬猫が苦手だった家族がいたせいかもしれません。

それが「dog of the dogs」ともいえる秋田犬が我が家にやってきたのは、秋田犬が欲しかったわけではなく、犬を欲しがる子供たちに「ペットショップで買うのではなく、施設に収容されて、明日の命も知れぬ犬をもらってきなさい」と家内が言い渡したからでした。

施設に申し込みをして、何度か面接した後、無事、我が家にやってきた秋田犬。
心配していたほど気性も荒々しくはなく、散歩に連れていってもペースを合わせてくれるし、声が出ないのではないか、というくらい静かでした。

ところが、ひとつ難点が。
ゴハンを食べてくれません。
譲渡元の施設で「何を食べさせていたのですか?」と聞いたら、ボランティアや一般の方が寄付してくれるドッグフードを与えているので、日によって様々、という。

ドライフードが嫌いなんじゃない?
と思って缶詰を買ってきても、ちょっと口にしては鼻で皿ごと押し返したり。
たくさん食べて「これがストライク・ゾーンか?」と思ってもダメだったり。

最終的には、動物病院の医師に聞きながら作った「手作り飯」をやっていました。
ただ、これも微妙で、鶏肉をよく食べてくれるので「これが好きなのかな」と思って次に同じものを出すと食べてくれなかったり。
あと、変化球ではありますけど、キャット・フードだと食べる時があったりしました。

多分、香りというかニオイが強いので、誘われるんでしょうね。
これを少しまぶしてやると食べてくれることもありましたが、やっぱり、そのうち飽きてくるんですよね。
それに、いくら犬が肉食とはいえ、やはり栄養バランスを考えて造られたドッグ・フードの方が健康維持にはいいだろうし、悩んでいました。
とはいっても、スーパーやホームセンターでリーズナブルな値段で売っているドッグ・フードには見向きもしません。

ある日、動物病院にフィラリアの薬を処方してもらいに行った時「ご自由にどうぞ」というドッグフードのサンプルの中に、こんなものがありました。

ためしに与えてみたら、これはバクバク食べました。
こんなに美味しそうに食べているのを見たのは初めてです。
しかし、値段をみたら、なかなかです(^_^;)
小型犬でチョコチョコとしか食べないのであればいいのですが、秋田犬は25kgですからね。与える量も表の「最大値」。この時、たまたま、皮膚に疾患があったので買ってみましたけど、さすがに高級すぎます。それに、案の定、これも3、4回食べた頃には「いりません」と突き返されました…!

でも、ここで諦めたら、いざという時(それこそ、今年は西日本の台風、北海道の地震など自然災害が集中しましたよね)、ドッグ・フードを食べられず、体調を崩してしまいます。
それに、さっきも書いた様に、長期的にみたら、ドッグ・フードを食べ続けた方が健康にも良い。そして、できれば、何処ででも簡単に手に入る流通量の多い商品。

そこで、選んだのがこれです。

これは、当初、ガツガツと食べるわけではありませんでしたが、少しずつ食べさせていたら、どんどん食い付きが良くなりました。
反応が良くない時は、少しだけぬるま湯を足して(湿り気が出るくらい)、香りを引き立たせてやると、よく食べるようです。
こういうバランスの良い主食を与えていれば、時々、おやつをあげても安心ですね。
やっと定番に出会えてほっとしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です