SIMカード考察2019

自分や家族が海外へ行ってしまうと、困るのが連絡手段。
スマホ普及のお陰でネットにさえ繋がっていれば、日本にいるように連絡が取れるけど、どうやってスマホをネットに繋げるかが問題。

多いのがポケットWifiのレンタルだろう。 
ネットで手続きして空港でも受け取れる。
スマホも特に設定を変更する必要はなく、ホテルなどが提供している「無料wifi」に繋げるのと同じ感覚。

ただ、スマホのほかに機械をもう一個持ち歩く煩わしさがあるし、紛失のリスクもある(保険はあるにせよ、現地で使えなくなる)。
また、スマホとルーター、両方を充電しなければならない場面に出くわしたりもする。

「海外でもスマホ単体でネットにつなぐ方法はないの?」

という場合、こういうのがあります。


 

これは一例だけど、世界中で使用できるSIMカード。
スマホなどに詳しい人は、現地空港に到着したら空港内のショップで現地プリペイドSIMを購入すればいいんだけど、自分で設定できない、店員とのコミュニケーションに不安がある、という人もいるでしょう。

それならば、と出発前に購入できるSIMがあるのです。
それがAISプリペイドSIMカード SIM 2 FLYという商品。

普通、現地で販売しているプリペイドSIMカードは、当り前だけど現地でしか使えない。特別なオプションに加入しない限り、日本の携帯電話が海外で使えないのと同じ理屈である。
だが、このSIM 2 FLY、かなり広い国と地域をサポートしており、日本も含まれている。ということは、出発前、日本でこのカードを差し込めば、動作確認、開通確認が出来る、ということになる。

もちろん海外に行けば、もっと安いSIMカードも買えるんだけど、向こうへ行ったまま、音沙汰が無い…なんてことになったら、家族は気を揉んじゃいます。

自分でも経験があるが、現地のSIMを購入したはいいけど、何故かネットに繋がらず、一日近く設定のミスに気付かなかったことがある。
現地についたら、すぐに連絡をしなければならない事情があったら、目も当てられない。多少、値段が高くても「安心料」だと思えばいいでしょう?

それとSIM 2 FLYは、ユーザーの人気度が高いせいか、たくさんのレビューが寄せられている。「同じヨーロッパでも、ここでは繋がったけど、ここではあまり繋がらなかった」という詳細な感想も書いてあるので目安になる。

使い方は簡単。
自分がいま使っているスマートフォンのSIMロックを解除する。
すでに解除されているのであればOK。
あとは、いま使っているカードと差し替えるだけ。

…なのだが、先に書いた通り、どういうわけか繋がらない場合がある。
その原因の多くが「格安SIM」を使っている場合。
Android ならAPNの設定、iOSならプロファイルを削除。
この作業を忘れると「アンテナは立っているのにネットを拾わない」と頭を悩ますことになる。

また、帰国して再度日本のSIMを使う場合は、APNの再設定、プロファイルの再構築(契約している会社のサイトからダウンロード)すればOK