オーストラリアよりZイズムを込めて 旅の準備・知識編

How to 的になりますけど、備忘録的に。
パスポートの有効期限とかその辺で失敗する人はいないので省略。
実は仕事などでしょっちゅう海外行っている人の方がアヤシイ。
有効期限何カ月が残っていないとビザが出ないとか入国できない国があったりする。
特にビザなし渡航ばかりやっていると、つい忘れてしまうことも。

【国際免許】
免許センター行くと即日もらえます。
現地で車輛を運転しないなら不要です。
免許センターに行って(受付は随時ですが、割と早い時間に終了するので、免許センターのWEBサイトで確認してください)、申請用紙を記入するだけ。

必要なのは以下の通り。
1.パスポート。
2.現在使っている免許証(結婚や引越しで記載内容が変更されている人は要注意)。
3.印紙用の現金(都道府県によって違います。3000円あればお釣りが来ます)。
4.ちょっとイレギュラーな50mm×40mmの写真(自撮りの人は陰影に注意)。
5.受領用の印鑑。

【ビザ】
案外知られていませんが、オーストラリアはビザなしでは入国できません。
昔からその辺りは変わっておりません。
インターネットが普及してからは手続きも簡素化され、自分でもネット上でオーストラリア政府に直接申請できますが、代理店の方が格段に安いです。

価格破壊が進み、1通何百円、ということに…
そんな金額でやってくれるんだろか?と心配になりましたが、問題ありません。
そのかわり、パスポートの情報を自分で入力しなければなりません。
これが面倒というか精神衛生上よろしくなくて、1文字でも間違えるとアウトです。
いまひとつ自信がない人は、素直に旅行代理店で頼むと良いでしょう。

ETAS|イータス等海外ビザ申請代行【株式会社ビューグラント】
今回は、こちらの会社にお願いしました

【外貨】
ここではオーストラリアドルですね。
昔はトラベラーズ・チェック(ドルでの商品券みたいなもの。現金を両替するよりもレートがよかったりするのと、使う時にパスポートが要るので現金よりも安全だった)というのもありましたけど、いまはクレジット・カードか現金ですね。
じゃあ、どこで両替するのか。

1ドル=89.25円

たとえば、上の写真は成田空港での両替レートです。
翌日、メルボルンに到着してからのレートは1ドル94円近くでした。
「じゃあ日本で両替した方がいいのか?」
という話でもないです。

そもそも、空港のレートは何処もよろしくないので、やむにやまれぬ事情がない限り、空港での両替は最低限に抑えておいた方がいいです。
最悪、どれがいいのかというと「クレジット・カード」でのキャッシングです。
国によってはいくらか手数料が取られますが(オーストラリアでは3ドルだった)、キャッシングの方が安いです。
50ドルに対して3ドル取られたら面白くないですけど、300ドルくらいだったら問題ないでしょう。両替所でもコミッション(手数料)が取られることもありますし。

最もレートがよいのはクレジットカード決済です。
カード会社によっては、利用後、ほどなくして「○○円でした」と通知が来ます。
今回、何度も支払いでカードを使いましたけど、一番レートがよくて81円、だいたいが83円前後におさまったので、大きな買い物はもちろん、街でジュース一本を買う時でも、ひたすらクレジットカードを使うのがよいでしょう。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

【航空チケット、ホテルの手配】
海外の場合はエクスペディア1択です。
同じフライトでもエクスペディアが強いですね。
もちろん、楽天トラベルでポイントを貯めるとか、そういうので別のサイトを選ぶのもひとつでしょうけど、海外航空券とホテルはエクスペディアが楽です。

【スマート・フォンのSIMフリー化】
お金が有り余っているので海外でも国際ローミングしたい(メチャメチャ高いです)、空港でポケットWi-fiを借りていく、というのでなければ、SIMフリーにした携帯電話に現地のプリペイドSIMを差した方がいいです。
ここ数年に販売された携帯電話であれば、無料でSIMフリーに出来ます(窓口で手続きした場合は有料)。

プリペイドSIMは、オーストラリアに限らず、だいたい空港で入手できます(旅行者向けなので空港でしか買えない場合も)。

今回選んだのはTelstraのカード。
28日間(4週間)、15GB、無料通話何分だかが付属している、おそらく最強のプリペイド。どうするか迷ったんだけどTelstraは日本でいうところのdocomoみたいなもので、いわゆる田舎でも電波を掴む、と言われている。

そんなTelstraのSIMですが、これまで東南アジアなど、あちこちでプリペイドSIMを使ってきたワタクシをして、設定に四苦八苦。
ワタクシがdocomo版Xperia、セガレがsoftbankのiPhone、いずれも数カ国で使った実績があるのですが「ぜんぜん電波を掴まない」状態に。

おかしい。何をやってもうまくいかない。
一方、グローバル・モデルのiPadは電波を掴んでくれる。
「とりあえず、これをルーター代わりに使っておくか…」と思いきやテザリングできない仕様のカード(そんなことあんの?)。

しょうがないので、しばらくiPadだけで過ごしていましたけど…
どうやら、APN設定(Android)とプロファイル(iOS)を削除して、入れ直さないと動かないみたい。5、6年前、マレーシアに行った時、確かにそんな感じだったけど、いまはOSでコントロールしてくれるんじゃないの?
そして、そういうことだったら、ちゃんとマニュアルにAPNの設定方法、入れておけよ。
結局、電波を掴んだのは、マットの家に着いてWi-fiを借りて、日本の友人にイロイロ調べてもらってからだった。
※TelstraのAPNセッティングはこちらのページで。

Telstraをディスるわけじゃないけど、いくら田舎に強い、といっても、どうやらプリペイドSIMと正規契約版のSIMを比較すると、若干、違いがあるみたい。
正規契約版がバリバリ電波を掴むのに対してプリペイドは全然入らない、ということが何度もありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です