2013年10月29日 MOSFETレギュレーターを装着

台風やら仕事の忙しさやら、スポーツクライミングの試合やらで続きが出来ませんでした…ので、後日談を。
充電系統に不安を感じたのは、テスターを当ててみた時。

「始動前」
「始動からのアイドリング」
「アイドリングからの4000回転」
いずれも13Vに届くかどうか。
とうとうレギュレーターがパンクしたようです…?

※2015年注釈
本来はレギュレーターのパンクを疑う前に、ステーターコイルを調べる必要があります。
当時はそこまで考えず、単にMOSFETレギュレーターを装着してみたくて、ウズウズしてただけ(笑)。

まずはステーターコイル(KawasakiのマニュアルではArmature(アーマチュア)という表記)単体の具合を調べる。

ステーターコイルからレギュレーターに繋がる3本線…
仮にA、B、Cとすると、AB、AC、BCの抵抗値をチェック。
サービスマニュアルでは0.46~0.70Ωが規定値。

あとは、A、B、Cと本体が絶縁されているかどうか(装着状態ならボディーアースでもOK)をチェック。
ステーターコイル本体か配線に問題があると針が振れる。

次にステーターコイルが、規定値通りの電気を発生させているかどうか。
エンジンをかけ、抵抗値計測時と同様の組み合わせで4000回転までエンジン回す。
それぞれの組み合わせで交流50Vの交流電圧になればOK。
ステーターコイル単体のチェックはここまで。

よく『レギュレーターがパンクした』と聞くけど、技術畑の方から言わせると、そうそうイカれるものではないらしい。

というわけで…

何と!ヤフオクでの壮絶な死闘を勝ち抜いて我が家にやってきた水冷Zのレギュレーター(笑)。
防水カプラーは通販で購入。ちなみに写真を見ると分かる通り、実は黒とグレーは色が違うだけではなく、カプラーの凹凸も微妙に違うので要注意。
入力と出力の接続を間違えないようにしてるんでしょう。

皆さんも御存じの通り、ゼファーのレギュレーターはステーターコイルからの3本線(黄色)、アース、アクセサリー電源(ACC)、バッテリーの6本ですが、水冷Zは3本と2本で分かれています。

ま、茶色を無視すればいいだけですけどね。
そこには、目隠し蓋をつけてやるとよいですけど、誰も見やしないので液体ガスケットで良かったんじゃないかと。


※2020年 追記

現在いろいろなショッピングサイトで「MOSFETレギュレータ」と銘打った商品を見つけることが出来ます。
何とフィッティングパーツ付きで3000円前後、という商品も。
ホンモノのパーツは、コネクター面の反対側に新電源(SHINDENGEN)のロゴと製造番号が印字されていますが、なんちゃって製品は、商品ページではそこのロゴは映さなかったり、写してても怪しかったり。

特に電装品は「安物買いの銭失い」になる可能性が高いので、よくよく注意して。
信頼のおける店もしくは商品を購入した方がいいでしょう。
純正品でないなら、PAMSやH-Craftなどがリリースしている商品が結果的にはリーズナブルかと。

あと、我が家のZX14用レギュレーターはステーターコイル共々順調に動いているけど、MOSFET型のレギュレーター装着車がステーターコイルのトラブルに見舞われている投稿を散見。

サイリスタ型のレギュレーターは余剰電力を熱変換、ゴティックメードが如く大気中に熱を逃がしているわけだが、MOSFETレギュレーターは余剰電力をコイル側に戻してレギュレーター自体が発熱するのを防ぐらしい。
 
「いらんものをお返しする」ということは、どんどん電力を消費したらいいんだけど、この頃、LEDを含め省電力が主流でしょ。

最新型のバイクはインジェクションのコンピュータ、センサーとか、使うものもそれなりに多いし、ステーターコイルの余力もあるから良いけど、古いバイクは電力消費量も少なく、レギュレータの働きがオーバースペックになるってんで、トラブルが起きているのではないか、と。

その辺は「エビデンス」がないので、これ以上ツッコミは入れないが、ひとつだけ言えることは、レギュレータのアース、ここはしっかりと確保しよう。

メインハーネスのアース線に落とすのではなく、バッテリーに直接落とした方がいい。
ダイレクトにアース線を引いたら、目に見えてミニマムの発電量が上がったんで、ぜひお試しあれ(サイリスタ型でも同じだと思う)。

いきなりフィッティングすると後悔しそうなので、まずはテスト。
当り前ですが、エンジンくらいはかかります…が、相変わらず13Vのまま。
ヤフオク中古品を買ったくせに、メチャクチャ動揺。
レギュレーターを変えても改善しないとなると…

自分で偉そうなコト言っておきながら、原因はステーターコイル??

ギボシを外してテスターを当てるも、針は動かず。
3本線同士でテスターを当てて、正常ならば先に書いた通り、若干の抵抗があるんだけど、ここでも針は動かず。
これは、かなり凹む。

ステーターコイルは、我々素人にとって完全に「オーパーツ」ですからね。
巻き直しなんて出来るはずも無く。

バルコニーの下で、ほぼ野ざらし同然で眠っていた初号機のステーターコイルを取り出して計測してみると…出土品のくせに、ちゃんと機能してる(笑)。

こいつを流用したらいいじゃん、とボルトを外そうとするも、予想通りの完全固着(笑)。

しょうがないので、もう一度、ステーターコイルを調べる。
線を外して、テスターを当ててみたが、針は動かない。
諦めかけていたところ、一瞬だけ針が動いた。
どうやら、エナメル線の断面にピッタリとテスターの針を当てると通電するみたい。
エナメル線の先端を5mmほど磨き、結線すると規定通りの抵抗値が!
よかった。
ステーターコイルは生きてます。

ステーターコイルも当然ながら廃盤。
壊れたらアフターマーケットの製品にするしかないでしょうね。

DOREMI COLLECTION ドレミコレクション/ステーターコイル
DOREMI COLLECTION ドレミコレクション/ステーターコイル Z1-R/Z1-RII

配線が終わったレギュレータをステーに取り付けようとしたら…
水冷Zのレギュレーター、微妙にピッチが違います・・・
どうせ、誰も見やしないし、めったに外さないので、タイラップで固定します(笑)。

紆余曲折ありましたが、結論から言うと、壊れたのではなく、魔改造のミスでした。
ハーネスを新品にして、レギュレーターを買って…
一体、いくら無駄にしたんでしょうね(笑)。

もちろん、このレギュレータは完調。
3000回転に行くか行かないかで14.0Vは発生。
最高でも14.5V。
ご存知の通り、どんどん上がればいいってもんじゃないので。

全部終わってから気づいたのですが、燃料計の針が天井を差してる…(涙)。
ガソリンは半分しか入ってないのにー(笑)!!

またカウルを外さねばならんようです…トホホ。

おまけ

久しぶりの顔出し(笑)。
友達が撮ってくれたThe North Face Cup 2014の予選。
この後、左のホールドを取って、ベチョっと落ちます(笑)。

成績は・・・堂々の2位でした!!!
ビリからですけど(笑)。
実は、ここから右肩が半分壊れかけて、1年以上もクライミングから遠ざかることになるのです…
が、ジムには相変わらず顔を出すし、フリークライミングの指導員資格なるものを取らされることに(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です