2015年4月10日 インシュレーター交換

乗れない、乗らないという割に、ネタがあったのだが、この1年は本当に何も無く。 おそらく、大がかりな整備や修理がなかったからなのでしょう。
ある日、こんなものを見つけてしまいました。

ハイ、終了~(涙)
えーと…部品番号は16065-1135が最安値ではないかと(自分への備忘録)。
ZのP仕様ね。
同じパーツながらもGPz1100とかZ1000R系のヤツを買うと、何故か倍近くの値段…!!
共通パーツなら不人気車種から引っ張ってくるのが吉。

アップにするとみすぼらしいけど、インシュレーターバンドはホームセンターで売ってるヤツです。
200円くらい?ステンだから、ものの見事に錆びない。ハッキリ言ってこんなもので十分でしょう。
一方、サビサビなキャップボルトは8本買っても数百円です。
ここは+ネジじゃなくてもいいよね…ナメるのがコワイから(笑)。

全然関係ないけど、配線買う時は、いつも配線comで買います。
ドメインがhi-1000.comてのがオカシイんだけど。
ネット通販、ここまで便利になってホントに助かるんだけど、現物合わせで買いたいモノもあるのよね。
30年くらい前ですかね、仙台のダイエーには抵抗一本から買える電子部品専門店があって。
ピンセットとお皿持って売り場を歩くマニアなお店(笑)。

仙台にも一個からカプラーとか端子とか買える店があるといいんだけど。
どなたかご存じだったら教えて下さい<(_ _)>。

※加筆
こういう店を発見。
マルツオンライン仙台上杉店
秋葉原に本店と2号店のほか、全国各地に拠点を置いているのでなかなか期待できそうです♪

早速、破損パーツを補充します!
出来る男は仕事も早いと言います。
が、出来ない男は、仕事以外のことが早いのです。

MADE IN JAPANが、まばゆいですね。
これを作っている会社って川重の協力工場でしょ?
30年以上前に生産がストップしたバイクのパーツ造って、本当に利益出せているのか心配になります。
しかし、J系エンジンを搭載したZがアメリカの警察車両として2005年まで生産されていたから、まだ周辺パーツは豊富にあるんでしょうか。

でもMk-2系までのパーツは殆ど欠品。
買ったことないけど、高額宝くじで6億だの7億だのが当たったら、川重に頼んで造れないですかね。
Z900 Z1000 向けの新品のシリンダーヘッドとクランクケース。
全世界完全受注生産で。
シリンダーヘッドを20万円くらいで売ったとして、1000個くらい売れない?
世界のZフリークに。
ドラッグレースやっている人とかもいるし。でも、あっちは既にオリジナルのヘッド使ってるか。
宝くじは難しいけど、クラウド・ファンディングならどうなんでしょう?
面白いと思うんだけど。

話がそれました。
いつものことですけど。

裏側には到達していないので影響がないといえば、ないんでしょうけど。
まあ、結果論ですね…今後は、明らかに2次エアー吸い込みなどの弊害が出てから交換します。
安価なPパーツを選んだとはいえ、ひとつひとつは安くないので。
それにしても、昨日の無理がたたって身体が満足に動かないので、脱着作業はムスメにバトンタッチ。
思いのほか、役に立ってくれています。

むしろ、邪魔したのはワタクシの方。
カラン…!
インシュレーターを止めるボルトをカムチェーン・テンショナーとオイルクーラーの取りだし口の奥に落っことしてしまいました(笑)。
あそこに落とすと、ホントにどうやっても取れないのです。
鉄ボルトが幸いして、磁石で釣り上げたからよかったですけど…

小さい手でエンジンの隙間に手を伸ばし、ネコ型の磁石に、糸を巻きつけてサルベージ。
「世話かけさせんじゃねえぞ、オッサン」
小学校低学年にしてKISSとジーン・シモンズのファンですから、怒らせるとコワイです。
うちでは、一度もKISSを聞かせたことなかったんですが…自然にそういう音楽を聞きたがるのはDNAでしょうか。そして、セガレの方はまったくバイクに興味を示さないのですが、ムスメは「このバイクは将来アタシが乗るんだから壊さないで!」と(笑)。
乗れるものなら乗ってみろ、という感じです。

できあがり。
さて、キャブを戻そうかと思いましたが…新品インシュレーターのクセに、なかなか納まりません。
あーでもない、こーでもない、とやっている間にだんだんと力が落ちてきます。
30分くらい格闘して、身体がよれまくり。

途方にくれていると、背中に鬼を宿したセガレが帰宅。
こういう馬鹿力は、こんな時に役立ててもらわないと…
何のために育ててきたのか分かりません。

↓小学校時代、プールに入ると「きもちわるい」とイジメられたそうです(笑)。

そして中学校1年生になると、こんな感じになりました。

少年漫画で筋骨隆々のキャラを描く人がいますが「そんなものいるか!」と思ってたら身内がこうなったという…
こないだ、ふざけてスパーリングしたら、ヘッドロックをかけられ、首の骨をへし折られるかと思いました。
そんなセガレを使って、グイグイとやれば、余裕かと思いきや。
案外キビシイ。

ドライヤーを投入して、何とか突っ込みました。
このオトコ普段ほとんど役に立たないのですが、久しぶりにGJです。
そしてMJNといえばヨシムラですが…TMRだと、お馴染みの赤い屋根。
タンクかぶせちゃえば、1番と4番だけ…しかも斜め上からしか見えないのですが、機体の端から見えるヨシムラロゴと赤いパーツにはドキドキしちゃいますね。
つい、出来心で…
ブシャーっとやってしまいましたよ…いや、ほら、一応、MJN搭載されてますから(笑)。
もちろん、縮み塗装であるはずもなく…
でも、ホラ…遠くから見ると良い感じでしょ(笑)?

近くで見ると、テラテラしてますけど、そのうち薄汚れてちょうどよく艶消しになる予定です。
欺瞞に満ちてますね(笑)。