2021年05月20日 新イグニッションコイル by H.CRAFT

Z1R-II

迷宮入りしたまま2週間が過ぎようとしている。
キャブのオーバーフローは別としても
「セルは回る」
「火が飛ばない」
「ジャンプスタートでセルを回す」
「火が飛ばない」
という状況。
時々、火が入ったりもするのだが、何故か4気筒すべてに火が入らなかったり、変な状態でエンジンがかかったと思ったら、今度は全然火が飛ばなくなっている。
1回でも火が入るので、配線自体には問題ナシと判断。

次にチェックしたのが、点火タイミングの測定というか、ピックアップ側がちゃんと「はい、そこで点火して!」と指示を出しているか確認。
これはDYNA-Sのやり方だけど、ピックアップから出てる1番と4番の信号線のギボシとハーネス側のギボシの間に豆電球を挟む。
ウィンカーの球でもインジケーターの球でも12Vで点く奴なら何でもOK。

そしたらポイントカバーを外して、IGオン。
問題がなければ、豆電球が点灯する。
外部からゆっくりとクランキング、注意深く窓を見つめながら、1.4Fの位置に来たところで電球が消灯すれば、少なくともIGコイルに対してピックアップが指示していることになる。
写真は撮ってないが、ここはタイミングともども大丈夫だった

次にIGコイルの抵抗値。
1次、2次とも正常の範囲内。
だが、抵抗値の計測だけではIGコイルの良し悪しは判断できない、という話もある。
中身が見えないパーツについては、何でもそうなのだが同じ機能を持つ部品と入れ替えて比較するのが手っ取り早い。

いろいろなスペアパーツという名のガラクタが転がる我が家だが、IGコイルは無い。
カウンターに座るや否や「大将、とりあえずトロ握って。あと何か美味いところ」というくらいの大金持ちならウオタニを買ってくるんだろうけど、こちとら100円ショップがいきつけの貧乏人だ。
8万円もするような豪華なセットは買えません。

じゃあDYNAを買い替えるか。
20年前はDYNA-Sと一緒に買ったので価格はうろ覚えだが、今だとコイル2個で2万円以上するのね。
ちょっとこれはハードルが高い。

次に考えたのは、100円ショップ漁りのワタクシが次に得意な「純正パーツ流用」。
品質も悪くないので安心安全。
目をつけたのが、おそらくSUZUKI KATANAの純正品。
部品番号は 33410-31311


フレームへの取り付けピッチは分からないけど、最悪はキャブ後方にステーを作り、エンジンから離してやってもいい。
最初からハイテンションコードが着いているのも魅力的だ。
実売価格で1個8,000円くらいだから、16,000円ちょいで手に入る。
そのかわり、プラグキャップは別売りなので、NGKあたりのキャップを調達しなければならない。

PMCから同じくらいの金額でIGコイル+コードセットを売っているのだが、実は長期バックオーダーになっているので今回は使えなさそう。

さらに調べてみたら、H-Craftという和歌山県のショップがIGコイルを販売している。
以前、DT125RのCDIとYPVSのトラブルの際、辿り着いたことがあり、CDIやレギュレーターなど電装品専門のサードパーティーという認識。

ここで販売しているのがハイパワーIGコイル。
どこかで見たことのある形状だ(笑)。

いろいろと憶測してしまうが、いま使っているコードも使えそうなのと、2個で18,000円以下という価格に惹かれて購入を決定。

で、数日の後やってきたのが、こちら。

外箱はこんな感じで質実剛健。
開けてみたら取説も保証書も無し(笑)。
まあ、そんなことでビビるくらいなら、最初からバイク屋に頼め、という話なので、気にせず作業を進める。

しかしまあ、事前に予習していたとはいえ、DYNA COILにメチャクチャ似てる。
DトラッカーとSB250くらい似てるんじゃないでしょか(笑)。
質感はH.Craftの方が好きですが。

付属品はコード用のカシメ金具、サブハーネス、サブハーネス結線用のネジとかワッシャ。
フレームマウント用のボルト&ナット。
ただ、フレームマウント用のボルトは残念な感じ。
どう頑張っても、コイル本体よりもボルトの方が短い(笑)。
凹みたいなところにコイルを納める車種だったらいいんだろうけど、Zは無理。
もっと長いボルトとカラーが必要。
WEBサイトにも「車種によって工夫して下さい」と書いてあるのでしょうがないね。
幸い、DYNAと寸法が99%以上一緒なので、いま着いているボルトやカラーを移設すればOK。

電気モノなので、とりあえず1次・2次の抵抗値を計測。

とりあえず、こんな感じ。
ただ、商品の仕様書がないので、ナンボだと正しいのかが分からない(笑)。
「3Ωなら、こんなモンじゃない?」くらいしか認識できない。
一応、DC1-1に準じれば、1次抵抗が2.9~3.2Ω、2次抵抗が13.5kΩ~14.5kΩなんだって。
このテスターも、何か怪しいところがあるので「こんなモンじゃない?」で良しとします。

あと圧入は前回の反省を活かし、ハンマー圧入はやめて、指の力と手の力と腕の力を総動員して、ギューっと入れてやりました(笑)。
幅1cmくらいの突起で懸垂していれば、チカラ技も可能になるので参考までに。

で、取り付けたところがコレ。
知らない人が見たら「3.0 OHM」というブランドなのか!?と(笑)。

H.Craftとかロゴを入れたらカッコいいのに、委託工場から「それやると高くつくアルよ」とか言われたのか大人の事情なのか分からないけど、DYNA COILと同じようにセットできるのは良い。
あとは通常15,000Vの電圧が、30,000Vまで発生する強力なパワーに期待。

配線を確認してDT125Rのエンジンをかけ、ジャンプスタートは準備万端。
お願いしますよ、カルシファー!
しかし、願い叶わず、力強くセルが回るだけ。
プラグを外してクランキングすると、バチバチ火は飛んでいる。

エアフィルターを外したキャブを覗き込みながらスターターボタンを押すが、どうも混合器がインテークに吸い込まれている様子がない。
整備用のタンクが低かっただろうか?と少し上げてキャブに燃料が入るようにして、再度スイッチオン。

すると、一撃でエンジンが目覚めた(笑)。
ジャンプスタートを外して、もう一度エンジンをかけたが問題ない。
しかしながら、またも2番からガソリンが漏れ始めてきた。
しょうがないので、またも外さざるを得ない…

ひとまず電装系は解決したけど一勝一敗、一進一退という感じ。
つづく。